ゲーム業界の衰退

日本は現在家庭用ゲーム市場の衰退期に入っている。家庭用ゲームといえば、任天堂のwiiやソニーのプレイステーションだ。
かつて任天堂はファミコンやスーパーファミコン、ソニーはプレイステーションのナンバリングで巨大な市場と富を得た。
しかし、現在、スマートフォンの普及および、ソーシャルゲームの台頭、家庭用ゲーム会社の戦略ミスなどでユーザーが離れてしまった。
ゲーム業界は主に3つの会社の勢力がしのぎを削っていた。任天堂、ソニー、マイクロソフトだ。マイクロソフトのエックスボックスはシェアが低いのでして、
任天堂はwiiでファミリーをターゲットとし、新規層の獲得に成功していた。しかし、ユニークなコントローラーだったため、ソフト会社がゲームを作りにくく、ソフトが発売されない状況からせっかくあつめたゲーマーが育たなかった。逆にソニーはゲーマーこそついているものの、加齢とともに離れていくことから先細りの一方。
ちいさいころからゲームが好きだった私としては業界に活気がないとさみしい。
それに企業がもうからないと、よい品質のゲームが生まれにくいからだ。
日本では活気はないが、世界ではPS4がバカ売れしているらしいのでこれからに期待したい
リノベーションマンションのことならここはいいと思った